社会福祉サービスの増大|馬と一緒に人生の勝負に出よう!競馬学校に入学だ

馬と一緒に人生の勝負に出よう!競馬学校に入学だ

女の人

社会福祉サービスの増大

握手

資格をもっていないと

社会福祉士は、社会福祉全般の職種のすべてをカバーしている資格制度ではありません。多様化している社会福祉のサービスを的確に利用するために、福祉の相談を行ってそれぞれの専門職との連携を図っていきながら、個別のニーズに合わせて社会福祉サービスの種類を選択してあげます。ですから社会福祉士というのは、主に対人的な相談や援助を行う職種に求められている職種になっています。この社会福祉士の資格を持っていなければ、法律に定められているような業務を行うことはできないといった資格ではなく、資格を取得したからと言って特別な権利や利益が得られるわけではありません。ですが社会福祉士という名前が社会に定着して、これらの資格を取得した新潟の人たちも多くなっています。今後はこの資格を持っていないと社会福祉の仕事に就くことが難しくなるといった、業務独占の時代が来ると新潟では考えられています。

活動する場の増大

社会福祉サービスに関係する相談や介護サービスの必要性は、増大の一途を新潟でもたどっています。社会福祉サービスを必要としている人たちが信頼し、安心して相談や助言、指導を受けられる専門家として登場してきたのが、社会福祉士になります。この社会福祉士の活躍が期待されている場所は、福祉事務所や社会福祉協議会、社会福祉施設などです。民間企業においての在宅のケアサービスや介護保険、福祉機器、保健機器などの普及でその利用者に対する相談、助言といった新しい分野での活躍が新潟でも期待されています。その中でもケア付きの住宅や有料老人ホームの利用者に対する相談、助言の役割はますます重要になってきており、活動する範囲も大きく拡大してきました。