企業の利益を守る|馬と一緒に人生の勝負に出よう!競馬学校に入学だ

馬と一緒に人生の勝負に出よう!競馬学校に入学だ

女の人

企業の利益を守る

講義

参加してみましょう

近年、企業活動のグローバル化が進み、とくに知財を取り巻く環境は急激に変化しています。さらなる企業利益の増進を図るには、知財に関する知識と制度への理解は必要不可欠となっています。それは大小問わずあらゆる企業において当てはまります。そのため、知財に関するセミナーが数多く開催されており利用する人も増えてきています。「知財」は知的財産の略称で、人間の知的活動によって生み出された価値のある無形のもので、発明や考案、意匠、著作物、商標、商号などがあげられます。これらの権利は作成された時点で発生しますが、いつ、誰が、何を造ったのかを明確にするためには担当行政庁への登録が必要となります。これにより、悪質な模倣などから一定期間保護され、利益を守ることができます。知財をきちんと理解し、このような制度を上手く活用するためには、積極的にセミナーに参加することが大切です。セミナーではネットでは手に入らないような新しい情報を手に入れることができるからです。

初心者から実務者向けまで

知財に関するセミナーはさまざまです。無料で行われているセミナーの代表的なものとして、特許庁が実施しているものがあります。主に特許庁の専門職員が講師となり、毎年全国の各都市で開催されています。このセミナーには主に初心者向けのものと実務者向けのものがあります。初心者向けのものには知的財産権の概要とその活用、各種支援策の紹介など基本的な内容となっており、知的財産権を学びたい人や企業で知財部門に配属された人が対象です。実務者向けのものには円滑的な制度の利用方法や実務上に必要な知識、制度の現状と課題、国際情勢など高度な内容となっています。また、特許庁以外にも特許事務所や各団体が行っているものがあり、知的財産の活用方法やリスク対策、経営戦略、海外進出のため必要な知識や知財関係書類の作成方法まで、バラエティ豊かな内容のセミナーが開催されています。