馬と一緒に人生の勝負に出よう!競馬学校に入学だ

レディー

競馬に関わることを学ぶ

馬

狭き門という特徴

競馬学校には騎手課程と厩務員課程があります。騎手も厩務員も、競馬に関係する職業です。競馬学校はその名の通り競馬に関係した職業人を育成するための学校なのです。競馬学校は非常に狭き門であるという特徴があります。騎手課程の定員は15名ですが、多いときには30倍以上の応募があります。騎手になるためには、知識だけでなく体力や年齢、体重制限など様々な条件をクリアしなければなりません。厩務員に合格するのも至難の業です。乗馬など馬に接した経験が二年以上ないと受験することもできないので、何の対策もしないで合格するのはまず不可能です。そのため、受験者は多くの場合専門学校などに通ってから受験します。若いほど有利になることが多いのも特徴です。

年齢制限に注意

競馬学校の課程はいずれも受験資格に年齢制限があります。騎手の場合は、中卒見込みかそれと同等の学力があり、かつ入学時に20歳未満であることが受験の条件となっています。さらに体重は49キロ以下でなくてはならず、入学後もその体重を維持しなければなりません。視力の良さも条件で、裸眼で0.8以上必要です。厩務員の場合は、28歳が上限です。体重は60キロ以下でなくてはならず、入学後もその体重を越えてはいけません。このような条件があり、事実厩務員でも20歳を越えての合格者はほとんどいません。若ければ若いほど有利になるので、入学を希望するのならば早いうちから対策をするのがおすすめです。高卒資格も得られる専門学校も多くあるので、そうした専門学校を探すとよいでしょう。

企業の利益を守る

講義

近年の企業のグローバル化によって、知財に関する知識と制度の理解は必要不可欠となっています。そのため知財に関するさまざま内容のセミナーが開催され、参加者も増えています。無料で行われている特許庁のセミナーには初心者向けと実務者向けのものがあります。

Read More

社会福祉サービスの増大

握手

社会福祉サービスの増大に伴って、それを利用する人たちへの相談や助言を行って、個別にその人にふさわしい福祉サービスを選択してあげるのが、社会福祉士の仕事になっています。新潟でも名前が定着してきたこともあって、この資格を取得する人が多くなっています。

Read More